ここから本文です

フォニーニをはじめ、地元勢が次々と敗退 [ローマ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 5月10日(火)17時0分配信

 イタリア・ローマで開催されている「BNL イタリア国際」(ATP1000/5月8~15日/賞金総額374万8925ユーロ/クレーコート)。

錦織の初戦の相手はトロイツキ [BNL イタリア国際]

 月曜日に行われた1回戦。地元イタリアの選手にとっては荒れた1日となった。ファビオ・フォニーニ(イタリア)がギジェルモ・ガルシア ロペス(スペイン)に1-6 6-7(2)で敗れた。

 また、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)はマルコ・チェッキナート(イタリア)を6-4 4-6 6-4で下している。

 ラオニッチは2回戦でニック・キリオス(オーストラリア)と対戦する。キリオスはワイルドカード(主催者推薦枠)で出場のサルバトーレ・カルーゾ(イタリア)を6-1 6-2で下している。

 第7シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)は筋肉を痛めて欠場となり、代わってルカ・プイユ(フランス)が本戦ドロー入りした。

「全仏オープンを前に少しでもケガをしているというのはいいことではないからね」とツォンガ。「回復するための時間がほしかったんだ」。

 いわゆる「ビッグ4」のノバク・ジョコビッチ(セルビア)、アンディ・マレー(イギリス)、ロジャー・フェデラー(スイス)、ラファエル・ナダル(スペイン) は全員がエントリーしている。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: ROME, ITALY - MAY 09: Fabio Fognini of Itlay in action against Guillermo Garcia-Lopez of Spain during day two of The Internazionali BNL d'Italia 2016 on May 09, 2016 in Rome, Italy. (Photo by Matthew Lewis/Getty Images)

最終更新:5月10日(火)17時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。