ここから本文です

鉄筋用小棒国内出荷、15年度758万トンに減

日刊産業新聞 5月10日(火)12時18分配信

 普通鋼電炉工業会の明賀孝仁会長(合同製鉄社長)は9日、定例の記者会見を開き、2015年度における鉄筋用小形棒鋼の国内向け出荷数量が前年度(821万トン)に比べて7・7%減の758万トンになったことを明らかにした。普電工は15年7月の発表時点で792万トンと予測。その後、「770万トン台」へと下方修正したものの、この想定を大きく下回り、10年度(753万トン)を若干上回る水準に止まった。

最終更新:5月10日(火)12時18分

日刊産業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]