ここから本文です

テリーのプレミアリーグは退場で終わる? サンダーランド監督「そうは思わない」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月10日(火)16時0分配信

国内ライバルへの移籍はなしか

7日、プレミアリーグ第37節が行われ、サンダーランドとチェルシーが対戦した。

試合は逆転での残留を目指すサンダーランドがデフォーなどの活躍もあり、3-2で逆転勝利を収めている。しかし、話題があったのはチェルシーのほうだ。

今季での退団が濃厚とされているDFジョン・テリーが90分に2枚目のイエローカードを受け、退場してしまったのだ。退場による出場停止のため、最終節も出場することはなくなった。国外のオファーを受ける可能性もあるため、プレミアリーグのラストマッチとなるだろうと英紙は報じたが、サンダーランドを率いるサム・アラダイス監督はそれを否定している。英『Daily Mail』がコメントを伝えた。

「彼のプレミアリーグでのラストマッチになるとは思わないね。彼が残りたいと思えば、どこかがオファーを出すだろう。ただベッカムのようにするべきかもしれない。彼は恐らくプレミアリーグの他のチームでプレイする気にはなれないだろうからね。アメリカや中国は彼のような選手を必要としているはずだ。とにかく彼の今後の幸運を祈っている。もちろんこのまま終わってしまうのはクラブにとって良いとは思えないが、彼が今まで勝ち取ったものやしてきたことは忘れない」

仮にプレミアリーグのクラブがテリーにオファー出したとしても、チェルシーへの愛が邪魔をし、首を縦に振る可能性は低いだろう。しかし、これほどの名選手の最後が退場というのはあまりにも寂しいようにも思える。果たしてテリーはどのような未来を選択するのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月11日(水)20時18分

theWORLD(ザ・ワールド)