ここから本文です

インテル指揮官マンチーニ、移籍話の絶えないローマの王子を称賛「彼はローマのシンボルだ」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月10日(火)17時10分配信

ローマに捧げてきた人生

日々、移籍と残留の噂話が絶えないローマのフランチェスコ・トッティだが、ライバルクラブであるインテルで指揮官を務めるロベルト・マンチーニが彼を称賛したようだ。

マンチーニ監督は伊『Messaggero』でトッティについて「彼が今やっていることはあの年齢を考えると誰にも真似できない。そして今後10年も、彼の技術が落ちることはないと思うよ」と述べ、彼の凄さを語った。さらにマンチーニは彼の最近の活躍を見て「トッティにはもう1年ローマでプレイする権利があると思うし、それが公平な考えだと思う。あと彼はビッグクラブでプレイするチャンスがありながら、これまでローマに人生を捧げても来たしね。彼はローマのシンボルじゃないと」と話し、トッティには来季もローマでプレイして欲しいようだ。

ライバルクラブの指揮官も認めたトッティの活躍は、彼の今後の進退にどのように影響してくるのだろうか。できることならば引退まで愛するローマに居続けてもらいたのものだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月10日(火)17時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]