ここから本文です

日ハム・レアードが10号ソロ 左中間の看板直撃「今までで1番飛んだ」

Full-Count 5月10日(火)20時8分配信

昨季よりも1か月早く2桁到達

 日本ハムのブランドン・レアード内野手が10日のオリックス戦(東京ドーム)で10号ソロを放った。

 4回2死。2ボールからカウントを整えに来たディクソンのナックルカーブを捉えた。高々と舞い上がった打球は左中間の看板に直撃。豪快な10号ソロでリードを4点に広げた。

 シーズン34本塁打を放った昨季は、10本塁打目を放ったのは6月12日のDeNA戦(札幌ドーム)だった。1か月以上も早く2桁本塁打に乗せた。

 レアードは「今までのホームランで1番飛んだんじゃないか。感触も最高!」とコメントした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月10日(火)20時8分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]