ここから本文です

横浜FMのプロ1年目FWがガーナ戦に闘志「国を背負って勝ち続けることで何かを与えられる」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月10日(火)19時30分配信

チャリティーマッチに挑む

横浜F・マリノスFW富樫敬真が11日に開催されるガーナ代表との試合に向けて意気込みを語った。

昨年、特別指定選手として加入した横浜FMでデビュー戦から得点を記録するなど衝撃のデビューを果たした富樫は、2016年シーズンからプロ契約で同クラブに加入。今季も開幕戦からピッチに立つと、3節から2試合連続ゴールを決める。しかし、その後はFWカイケらの加入もあり、出場機会が減少。8日に開催されたヴァンフォーレ甲府戦でも出場することはできなかった。

それでも、「MS&ADカップ2016 ~九州 熊本震災復興支援チャリティーマッチ がんばるばい熊本~」でガーナのA代表と対戦するU-23日本代表メンバーに選出された富樫は、9日から代表チームに合流。初日のトレーニング終了後、富樫は11日に行われる試合に向けて意気込みを語った。同選手のコメントを日本サッカー協会公式サイトが伝えている。

「FWとしてゴールが獲れたらベストです。身体能力の高いDFに対してどう動き出してプレイするかを意識してやりたいですし、プロ1年目なので結果を残すしかないと思っています。地震で被災した方々に対して、チャリティーマッチだけでなく国を背負って勝ち続けることで何かを与えられると思うので、勝ちにこだわって戦いたいです」

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月10日(火)19時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合