ここから本文です

難易度高すぎ テクニックは衰えないジェラード、神トラップから股抜きで決めた得点がベストゴールにランクイン

theWORLD(ザ・ワールド) 5月10日(火)19時40分配信

同僚ドス・サントスも選出

MLS(メジャー・リーグ・サッカー)レギュラーシーズンが8日に行われ、元イングランド代表のスティーブン・ジェラードが所属するロサンゼルス・ギャラクシーは、MF小林大悟が所属するニューイングランド・レボリューションに4-2で快勝した。

この試合で試合終了間際にジェラードが決めた技ありゴールが、週末のベストゴールトップ8に選出されている。ジェラードのゴールが生まれたのは90分。途中出場したジェラードは、ペナルティエリア付近でパスを受けると、プレッシャーをかけてきたDFをボールを浮かせてかわし、詰めてきたDFの股を抜く華麗なテクニックを披露。そのまま冷静に逆サイドのゴールネットを揺らし、DF2人をかわすスーパーゴールを決めた。ジェラードは今シーズン、6試合に出場しこのゴールは今季2得点目だった。

第10週のベストゴールトップ8には、チームメイトのFWジオバニ・ドス・サントスが決めた強烈なボレーシュートもランクインしている。

※theWORLDオフィシャルニュースサイトでは、動画をご紹介しています。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月10日(火)19時40分

theWORLD(ザ・ワールド)