ここから本文です

大阪で飲めるブックフェア、初開催

Lmaga.jp 5月10日(火)12時0分配信

写真集を中心としたアートブックを読みながら、お酒やフードを楽しめるブックフェア『PND 写真集飲み会 in Osaka』が、5月14、15日に大阪・心斎橋の「ドゥラポ」(大阪市中央区)で開催される。

愛犬と朝食を定点観測した写真集「パンといっぴき」

京都の「赤々舎」、大阪の「ハモニカ古書店」「ソラリス」など関西の書店をはじめ、『未来ちゃん』の大ヒットで知られる出版社「ナナロク社」など、全国から45の書店や出版社が一堂に集まるブックフェア。稀少な写真集やイベント限定のZineも販売されるとともに、日本酒「山中酒の店」やクラフトビール「箕面ビール」、ワイン「TAKAMURA」といった大阪の有名店が飲食ブースに出店し、お酒を片手に写真集を眺めたり、気軽に作家と話ができる。

もともと、主催者の1人である「roshin books(ロシンブックス)」の斉藤篤さんが、友人らと居酒屋の片隅で写真集を回し見ていた普通の飲み会から始まったが、回を重ねるうちに参加人数がどんどん増え、ブックフェアとして開催することに。昨年、東京・原宿で2度開催され、4日間で累計1,500人以上が来場。今回の大阪会場では、東京の3倍以上の広さで、アートブックフェアとしては日本最大となる。同時に会場では愛犬と朝食を定点観測した写真集「パンといっぴき」でも知られる料理研究家・桑原奈津子さんの特別写真展も開催。

最終更新:5月10日(火)12時27分

Lmaga.jp