ここから本文です

「ジブリの大博覧会」開催決定! ナウシカから公開前の最新作まで未公開資料も展示

クランクイン! 5月10日(火)7時0分配信

 スタジオジブリの設立(1985年)から 30年間の歩みを体感できる特別企画「ジブリの大博覧会」が六本木ヒルズ展望台 東京シティビューにて、7月7日より開催することが決定した。『風の谷のナウシカ』から最新作『レッドタートル』(9月17日公開)まで、これまでのジブリ作品がどのように生み出され、世に出て行ったのか。当時を振り返るポスターやチラシといった広告宣伝物を中心に、制作資料、企画書など未公開資料を含む迫真的数の資料が所狭しと展示空間を圧倒する。

【関連】「ジブリ作品」英語吹き替え版フォト特集!ナウシカ、アリエッティを演じた俳優たち


 同博覧会では、公開前となる最新作『レッドタートル』が展示として紹介され、さらに会場となる六本木ヒルズ展望台 東京シティビューならではの眺望と融合。4つ構成から展覧会を楽しむことができるという。
 
 1つめは、これまでのジブリ作品がどのように世に出ていったのか、さまざまな試行錯誤から生み出された宣伝の軌跡を、膨大な未公開資料とともに読み解く「ジブリの大博覧会展」。それぞれの作品の公開当時が鮮やかに蘇る、ジブリのもう一つの物語で紹介する。
 
 2つめは、「スタジオジブリ空とぶ飛行機展」と題し、スタジオジブリ作品のイメージのひとつ、「空への憧れ」を表現した初公開の特別企画。海抜250メートルの会場ならではの、まさに天空からの眺望をバックにスタジオジブリと展望台東京シティビューとのコラボ展示を楽しむことができる。
 
 3つめは、最新作を紹介する「レッドタートルある島の物語展」。公開前の作品を贅沢に紹介する。4つめとなる最後は、大博覧会限定のグッズや、過去作品のジブリグッズも勢揃いする「物販ショップ」。夏の思い出にとっておきのオリジナルグッズを手に入れるチャンスとなるに違いない。

 『ジブリの大博覧会 ~ ナウシカから最新作「レッドタートル」まで~ 』は六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー にて2016年7月7日から9月11日まで開催。

最終更新:5月10日(火)7時0分

クランクイン!