ここから本文です

『キング・オブ・エジプト』映画業界初“縦型”予告編公開! 遊び満載のスマホジャック

クランクイン! 5月10日(火)15時10分配信

 世界20ヵ国のオープニング興行収入No.1を記録した超ド級の冒険スペクタクル『キング・オブ・エジプト』の日本公開が9月9日に決定し“映画業界初”となるスマホ専用の縦型予告編が公開された。

【関連】主人公ベック役「ブレントン・スウェイツ」フォトギャラリー


 本作は神と人間が共存する古代エジプトの世界を舞台に、王座をかけたバトルを繰り広げる冒険スペクタル。鍵を握るのは、奪われた恋人を救うために立ち上がった盗賊ベック。古代ピラミッドの迷路に迷い、スフィンクスに謎をかけられ神々に翻弄されながら、<神の眼>を盗み出し、エジプトの天下取りを目指す。

 今回公開された予告編ではスマホの画面が表示されたかと思うと、地図が開き、勝手にエジプトにピン止めされ、まるで自身のスマホがジャックされたかのような感覚になることが特徴。残虐な暴君により人々が苦しめられていた古代エジプトの世界が映し出されると、世界の運命を託されたコソ泥青年・ベックからの着信が。恋人・ザヤから「世界を救うのは君だ!」という表題で送られたきたメッセージ内容は、「世界を救うためには“神の眼”が必要よ!」ということ。

 “神の眼”を盗むべく、アクロバティックなアクションを繰り広げるベックの映像が録画され、最終的にはカレンダーに本作の公開情報が登録という、スマホのアプリケーションを取り込んだ遊び心満載の演出となっている。

 『キング・オブ・エジプト』は9月9日より全国公開。

最終更新:5月10日(火)15時10分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。