ここから本文です

ヤクルト新垣、史上144人目の1000奪三振達成 通算100暴投は残り1

ベースボールキング 5月10日(火)20時11分配信

6回3失点、7奪三振で降板

 ヤクルトの新垣渚投手が10日、先発した広島6回戦(神宮)の2回に、プロ野球史上144人目となる通算1000奪三振を達成した。

 通算997奪三振の新垣は初回、無死一塁から2番菊池をカーブで空振り三振に仕留めると、スタートを切っていた田中の二盗を女房役・中村が阻止。併殺でピンチを脱すると、3番丸は低めの直球で見逃し三振に退けた。

 3点の援護をもらった2回は、4月26日に2000安打を達成した4番新井と対峙。フルカウントからのスライダーで見逃し三振を奪い、前の回から三者連続三振で節目の1000奪三振に到達した。新垣は5番エルドレッドも空振り三振に仕留め4者連続。続く松山を一飛に打ち取り降板すると、ベンチ前で記念の花束を受け取った。

 その後も快調なペースで三振を奪ったが、4回一死から3番丸にソロ弾、二死から5番松山に2ランを浴び試合を振り出しに戻された。それでも6回3失点と試合を作り、同点の場面で降板。4回には通算99個目となる暴投を記録し、過去に2人しか記録してない100暴投は残り1となった。

BASEBALL KING

最終更新:5月10日(火)20時20分

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]