ここから本文です

特別損失7億円計上を発表 タカギセイコー

北國新聞社 5月10日(火)3時14分配信

 タカギセイコー(高岡市)は9日、2016年3月期決算に、特別損失として、7億4700万円を計上すると発表した。3月に関連会社の御坊山観光開発(同市)が民事再生手続きを申請したことに伴い、貸倒引当金繰入額6億3200万円、投資有価証券評価損1億1500万円を計上する。

 通期の業績予想を修正し、売上高は前回予想比0・8%増の462億7千万円、経常利益は1億6千万円から5億2千万円に拡大した。特別損失の計上に伴い、純損失は3千万円から3億9千万円に変更した。

北國新聞社

最終更新:5月10日(火)3時14分

北國新聞社