ここから本文です

民進党・岡田代表会見(全文3/完・質疑応答2)安倍政権の危険性議論したい

THE PAGE 5月11日(水)18時19分配信 (有料記事)

民進党は共産党のようなはっきりとした対立軸を持っていないのではないか

記者7:普通の民主主義の国であれば、各党それぞれ違った考えを持つというのが当たり前だと思うんですけど、日本の場合は自民党、旧民主党、民進党、ちょっと似通ってるところがあると。で、特にその民進党の場合はいくつかの党がくっついているわけですから、なかなかその党としてのはっきりとしたアイデアというのがないのかなと思うんですけれども、アベノミクスに対する考え方も、アベノミクスもここはちょっとこうしたほうがいいとか、ここはこうしたほうがいいとかいうことで、例えば共産党みたいなはっきりとした対立軸を持ってらっしゃらないというふうに思います。

岡田:政治は対立するために行うのではなくて、われわれとしていいものは認めるし、駄目なものは駄目と言うという、当然のことだと思うんですね。アベノミクスを全否定するのではなくて、3本目の矢は私は考え方としては間違っていないと先ほど申し上げました。

※一部、質問等に判別できない箇所がございますことをご了承ください。本文:7,658文字 この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

  • 通常価格:
    648円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    540円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:5月11日(水)19時43分

THE PAGE

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。