ここから本文です

【日本株】先週までの雰囲気が一変した感じ

ZUU online 5月11日(水)8時0分配信

おはようございます。今朝も雨が降って歩きにくく、電車もなんだか混んでいてちょっと滅入ってしまいます。株式市場は米国株も大きな上昇となり、先週までの雰囲気と変わってきています。何も変わっているわけでもなくてもこれだけ大きな動きになるのが今の相場ということでしょう。

アルゴナビスで株式教室に参加されている方には常に言っているのですが、株を買うとき(仕掛けるとき)は何も慌てることはないのです。買いそびれたとしたら、次に買える銘柄を探せばいいだけのことですから、無理して買う必要などないと思います。買える銘柄、をしっかりと買っておけばいいということです。

米国株が大幅高となり、為替も円安に振れていることから本日の日本市場は堅調な展開が期待されます。夜間取引やシカゴ市場(CME)の日経平均先物も昨日の終値を大きく上回っており、好決算に反応する動きなどもあって総じて堅調となりそうです。先週まで売られすぎた分の修正も継続となりそうで、水準訂正の動きなのでしょう。小型銘柄も個別の決算動向に敏感に反応することになりそうです。

17,000円水準を目指す動きになりそうです。いったんは16,500円~600円水準での値固めとなるように、いったん上値を試した後、調整となるのかもしれません。まだ疑心暗鬼という面もあり、17,000円水準を試したあと調整となる可能性もありそうです。

本日の投資戦略

先週までの雰囲気が一変した感じです。昨日も特に何がどうしたということでもなく大きな上昇となり、米国でも同じように何がどうしたということでもなく指数が大きく上昇とするという感じです。これもまた、一気にセンチメントが悪化するということもあるのかもしれませんが、少なくとも今週いっぱいくらい、あるいは金曜日の朝方くらいまでは堅調な地合いが続くと思います。

決算発表が本格化していますが、思ったほど悪くないということではないかと思います。商社株なども悪いなりに底堅さも見られるとも言えますし、芳しくない決算でも一過性の悪化なのか構造的なのかをしっかりと見極めるということが必要でしょう。特に取引時間中の発表は「アルゴ」が発生することが多く「動いた方にいったん大きく動く」ということになるので、慌てず、しっかりと決算内容を見るということが必要でしょう。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・アルゴナビス)、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。メールマガジンも配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

最終更新:5月11日(水)8時0分

ZUU online