ここから本文です

三菱自動車・益子会長が明言「18日までに全体像を説明できるようにしたい」

THE PAGE 5月11日(水)22時53分配信

 燃費試験の不正行為に関連し、三菱自動車は11日、国土交通省で記者会見を開き、現時点でわかっている不正行為の経緯を説明した。この日は益子修会長も出席し、ユーザーに対して「大変申し訳なく思う」と陳謝するとともに、18日までに一連の問題の全体像を説明できるようにすると明言した。

【関連動画】燃費不正で三菱自動車が会見 益子会長も出席

軽自動車4車種の走行抵抗試験は子会社に委託

一連の不正行為問題では、軽自動車4車種(eKワゴン、eKスペース、デイズ、デイズルークス)において、実際よりも燃費に有利な走行抵抗値(車両が走行する際の転がり抵抗や空気抵抗)を採用していたほか、走行抵抗の測定方法も、一部の車種を除き、日本の法律で定められている惰行法ではなく、高速惰行法を使用していたことがわかっている。

 この日の会見で、三菱自動車側は軽自動車4車種の走行抵抗を測定する試験は、同社の性能実験部から100%子会社の三菱自動車エンジニアリング(MAE)に委託していたと明らかにした。不正が行われた経緯については調査中で、益子会長は、「MAEがすべて取り仕切って行ったのではなく、三菱自動車にも同等、あるいはそれ以上の責任があると思っている」としてMAEだけに責任があるとの見方を否定した。

また、これまで、軽自動車4車種の走行抵抗値の改ざんによって、正常な方法で測定した走行抵抗値を用いた場合と比較して、燃費は5~10%ほど乖離する見込みとしてきたが、社内調査によって乖離の度合いは5~15%だったという。現在、なぜそこまで乖離したのか理由をさらに調べている。

このほか、現在販売している9車種とすでに販売を終了した車種については、ヒアリングの結果、正しく走行抵抗を算出してなかったり、「RVR」などについては計算により算出した種類があると疑われるため、測定データの裏付けや経緯などを調査中であるとした。

「会社の安定に道筋をつけるのも経営者の責任」

ユーザーへの補償について、相川哲郎社長兼COOは、「乖離した燃費の分の燃料代プラスアルファで補償を検討している。国交省での試験をベースに再度届け出し直して、認可された時点で燃費から乖離した分が特定できる。ユーザーには、お詫びの言葉と補償を行う旨のメッセージをダイレクトメールで送っている」とした。

益子会長は、ユーザーに対して「大変申し訳なく思う」と陳謝するとともに、調査を進めて「最終的に、5月18日までに全体像を説明できるようにしたい」との考えを示した。不正行為のあった軽自動車4車種、現在販売しているその他9車種や過去10年間に販売した車種についても調査する。

経営責任について問われると、「不正が行われた現場の責任と、経営責任は分けて考えたい。現場については原因と責任を明確化し、再発防止に万全を期したい。また、経営陣も『知らなかった』ということで責任逃れはできない」と述べた。一方、自らの責任の取り方については、「会社を安定させる道筋をつけることも経営者の責任と考えている」としてすぐさま辞任しない意向を示した。

会社安定の道筋については、「会社の安定は今日明日で成るものではない。思い切ったことをやらねばならないが、そうすると摩擦も大きいはずで、その摩擦も解消する必要がある。できるだけ早くやる必要があると思っている」とした。なお、『思い切ったこと』の具体的な中身については、「これから皆さんに見ていただいて評価してもらうしかない」と言葉を濁した。

このほか、三菱グループへの支援要請を行うか否かについて問われると、益子会長は、「支援については今のところ具体的な話はない。2015年度決算までは順調だったので、補償などに要する金額は明らかではないが、三菱グループに要請する状況ではなく、自力でマネージできると判断している」として、現時点で支援要請を行うつもりはないとした。

(取材・文/具志堅浩二)

■会見全編動画
動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=ASAWj7ZRC7g

最終更新:5月11日(水)22時53分

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]