ここから本文です

藤巻亮太 新曲「go my way」リリース。「昨日までの自分のことを抱き締められる」/インタビュー

エキサイトミュージック 5月11日(水)18時45分配信

 
■藤巻亮太/配信 Single『go my way』インタビュー(1)

3月に前作より3年半ぶりとなるアルバム『日日是好日』を発表したばかりの藤巻亮太が、早くも新曲「go my way」を5月11日に配信リリースする。今作では過去も未来も、回り道も今に繋がっているんだという考え方が冒頭から明言されている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「“受け入れる”ことがテーマだった時期があって、そういうことをよく考えていたんですよね。自分の過去を否定しているうちはなかなか本当の意味で前に一歩進めないじゃないですか? あるがままをちゃんと見て、『ああ、それが僕なんだな』と受け入れることが大事だなって。そう思った時期に書いた歌詞なんです。それができた時に、昨日までの自分のことを抱き締められるし、またそれを超えて今日という日も自分らしく頑張っていけばいいし。そしてその先には、音楽をやっている以上、やっぱりお客さんの、ファンの皆の顔がすごく浮かんだから、<君に会いたいな>という願望が生まれてきたし。お客さんは皆、一人一人いろんな大変なこともあるかもしれないけど、ライブに来てくれて、また日常に帰って行って、『明日からまた頑張ろう』みたいな気持ちになってもらって。そういういいエネルギーの循環をさせていくことが大事だと思ったし、その循環を生むためにも、自分はもっともっとイマジネーションを膨らませて、音楽をよりクリエイティブなものにしていくことが大事だと、今思っているし。この曲を作ったのは、その循環をまだ生みづらい時期だったんですけどね」

現在、藤巻亮太はアルバム『日日是好日』を引っ提げた全国ツアー【藤巻亮太 TOUR 2016 ~春祭編~】を開催中だ。
(取材/大前多恵、構成/編集部)
※このインタビューの全文は後日掲載予定。

最終更新:5月12日(木)19時45分

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。