ここから本文です

黒毛和牛のプレート

宮崎日日新聞 5月11日(水)13時6分配信

 ◎…宮崎市の焼き肉店「アパス」にある黒毛和牛をかたどったプレート=写真=が客の注目を集めている。部位ごとに肉を盛り付けられる作りで、「自分がどこを食べているか分かる」と興味津々。

 ◎…プレートは縦21センチ、横40・5センチ。製作は都城市の陶芸家・吉岡幸江さん(42)に依頼した。牛の黒みや立体感を出すためにゆう薬の配合などで試行錯誤を繰り返し、完成まで半年かかったという。

 ◎…「部位ごとの味や食感の違いを実感し、牛の奥深さを実感してもらえればうれしい」と担当者。プレートの重量は約2キロあるが、従業員の牛への思いは、それ以上にずっしりと重い。

宮崎日日新聞

最終更新:5月11日(水)13時6分

宮崎日日新聞