ここから本文です

芸能事務所の(株)メインキャストに破産開始決定

東京商工リサーチ 5月11日(水)10時28分配信

 (株)メインキャスト(TSR企業コード:297514970、法人番号:6011101057229、新宿区新宿2-15-26、設立平成14年8月21日、資本金1000万円、宮島恵里香社長)は5月2日、東京地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には遠山信一郎弁護士(山下・遠山法律事務所、港区虎ノ門1-22-16、電話03-3580-6681)が選任された。
 負債は現在、調査中。
 タレントのマネジメント及びプロモーションを主業としていた。東京・大阪・名古屋を拠点に50人前後の所属タレントを抱え、テレビドラマやCM、イベントなどで活動、このほか企業のプロモーション事業や番組やCMなどの企画制作事業なども展開していた。
 しかし、所属タレントの知名度不足などで経営は安定性を欠いていた。こうしたなか、5月3日に所属タレントが自身のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のアカウントに「昨日5月2日をもって、所属事務所の株式会社メインキャストが業務閉鎖、破産いたしました」と投稿し、大きな話題となっていた。同日以降、本社へ複数の関係者が訪れるなど真相を探る動きがあったが、会社からの公表はなく動向が注目されていた。
 債権届出期間は6月6日まで、第1回債権者集会は8月29日午後1時30分より。

東京商工リサーチ

最終更新:5月11日(水)10時36分

東京商工リサーチ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。