ここから本文です

日立金属、新中計策定 営業益1120億円 グローバル市場で成長

日刊産業新聞 5月11日(水)12時9分配信

 日立金属は10日、2018年度を最終とする新中期経営計画を発表し、連結ベース(IFRS)で営業利益1120億円(16年3月期は1000億円)、海外売上収益比率58%(同56%)の達成を掲げた。M&Aを含む投資額は前回から265億円増の3400億円を予定する。営業キャッシュフローは161億円増の3400億円を計画。研究開発費も132億円増の700億円としグローバル市場での成長を推進。高機能材料メーカーとして持続的な発展を目指す。

最終更新:5月11日(水)12時9分

日刊産業新聞