ここから本文です

柏のアパートに女性遺体 事件か、県警が捜査

千葉日報オンライン 5月11日(水)21時37分配信

 11日午前11時40分ごろ、千葉県柏市豊四季のアパートで、30歳ぐらいの女性が死亡しているのを、柏署員が見つけた。県警捜査1課と柏署で女性の身元の確認を急ぐとともに、何者かに殺害された可能性も含め、事件・事故両面で捜査している。

 同課によると、10日午後8時半ごろ、この部屋に住む女性の母親から「娘と連絡が取れない」と、柏署に通報があった。女性には長男(7)、次男(5)、長女(3)がおり、いずれとも連絡が取れなかったことから、母親が4人の捜索願を提出。同署員が女性の部屋を訪れたところ、室内にあお向けで倒れている遺体を発見した。着衣に乱れはなく、遺体に目立った外傷などはなかった。

 遺体発見時、部屋に子供3人はいなかったが、11日午後3時ごろ、県警捜査員が茨城県内に女性の元夫(県内在住)と一緒にいるところを発見し保護した。子供3人にけがなどはなく無事だった。県警では元夫と母親から事情を聴き、身元確認とともに女性が死亡した状況などを詳しく調べている。

 県警は12日、千葉大で遺体の司法解剖を行い、詳しい死因を調べる。

 アパートはJR柏駅から数キロの住宅街。

最終更新:5月11日(水)21時37分

千葉日報オンライン