ここから本文です

スアレスは現在世界最高のストライカーか プレミア最下位アストン・ヴィラとの比較が凄すぎる

theWORLD(ザ・ワールド) 5月11日(水)13時40分配信

チームの総得点よりも多くの得点を決めているスアレス

これまでリーガ・エスパニョーラの得点王争いはバルセロナFWリオネル・メッシとレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドの2人によって争われるものだったが、今季はここまでルイス・スアレスが37得点を挙げて得点ランク首位に立っている。それを2位ロナウドが4点差で追っているが、ほぼ間違いなくスアレスが得点王を獲得するだろう。では、今季のスアレスはどれほど凄いのだろうか。

今季スアレスは全てのコンペティションを含めると51試合に出場して56得点を挙げており、得点数が試合数を上回っている。バルサでは通算94試合に出場して81得点と異常な数字を残しており、今やMSNで最も外せないのはスアレスだ。

リーグ戦ではヘタフェ、レバンテ、エスパニョール(36点)、マラガ(34点)、レアル・ベティス(32点)の総得点を1人で上回っており、チームより得点数が多い異常ぶりだ。また、スアレスは直近4試合で計11得点奪っている。英『Sky Sports』はプレミアリーグ最下位のアストン・ヴィラが2016年に入ってからリーグ戦で12点しか挙げていないことに触れ、スアレスの凄さに改めて驚いている。

同メディアは間違いなく今がスアレスのピークだと主張しており、スアレスはリヴァプール時代をも超えて世界最高のストライカーになっている。得点ランクでメッシとロナウドを超えていることもそうだが、もはやスアレスが2人よりも優れたストライカーとの意見に反論する者は少なくなっているだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月11日(水)13時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合