ここから本文です

京急線風の赤いラッピング列車、台湾に登場 「友好協定」の一環で

乗りものニュース 5月11日(水)15時55分配信

京急でも台鉄のラッピング列車を運行中

 京急電鉄は2016年5月10日(火)、台湾鉄路管理局(台鉄)と共同で、京急電鉄の赤い車体をイメージしたラッピング列車を台鉄で運行すると発表しました。

 2015年2月に締結した「友好鉄道協定」による相互誘客活動の一環として実施。台鉄のEMU700型電車1編成にラッピングが施され、5月12日(木)から10月12日(水)まで、主に西部幹線(宜蘭~台北~彰化)で運行されます。

 一方、日本では京急電鉄がすでに、2100形電車の「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」を台鉄の「普快車」(客車)風にラッピングして2016年2月から運行しています。同社は「当該ラッピング列車を見るために台湾から訪日する方が現れるなど、好評を得ている」といい、当初3月末までとしていたこの列車の運行期間を6月初旬まで延長しました。

 京急電鉄では「今後も各種取り組みを通じて両者沿線のみならず、日台間の交流人口の増大を目指す」としています。

乗りものニュース編集部

最終更新:5月11日(水)16時26分

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]