ここから本文です

中山製鋼が新中計 ROE7%目指す 成長ステージ 経常益60億円

日刊産業新聞 5月11日(水)12時15分配信

 中山製鋼所は10日、2016年度から3カ年の新中期経営計画を発表した。同社は3月28日付で地域経済活性化支援機構による再生支援が完了しており、今後は成長ステージへの移行を図るとともに将来にわたる事業基盤を確立し、新中計の最終年度となる18年度に連結ベースで経常利益60億円、自己資本比率62%、ROE(株主資本利益率)7%を目指す。

最終更新:5月11日(水)12時15分

日刊産業新聞