ここから本文です

セレナがフリードサムを下して3回戦に進出 [ローマ/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 5月11日(水)16時56分配信

 イタリア・ローマで開催されている 「BNL イタリア国際」(WTAプレミア5/5月9~15日/賞金総額239万9000ユーロ/クレーコート)。

土居美咲がコルネを下して大会初勝利 [BNL イタリア国際]

 火曜日に行われた2回戦で、セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が世界51位のアンナ レナ・フリードサム(ドイツ)を6-4 6-3で下した。

 前週のマドリッドの大会は発熱のために欠場していたセレナだが、この試合では病気の影響は感じさせなかった。フリードサムのサービスに対しては鋭いリターンを見せ、ロングラリーも支配下に置いていた。

「私はクレーコートが大好きだし、今夜は気分もよかった」とセレナ。「自分のレベルには満足している。すごく安定していたと思う。今、心配しているのはどれだけ走れるかと動けるか。そして回復しているか。でも楽しかったわ」。

 セレナは21度のグランドスラム・チャンピオン。だが、昨年8月のシンシナティの大会以来、タイトルがない。

 今大会では過去に3度の優勝経験があり、12日後に迫った全仏オープンのウォームアップとしての出場だ。

 フリードサムは22歳。今年の全豪オープンでは4回戦に進出した選手で、強力なファーストサービスを持っている。この日はセレナより1本少ない6本のサービスエースを決めたが、そのほかのプレーでは圧倒されてしまった。

「簡単な試合ではなかったわ」とセレナ。「彼女は今、上昇中の選手。いいプレーをしていたわ」。

 2011年全米オープン優勝者のサマンサ・ストーサー(オーストラリア)は予選勝者のアリソン・リスク(アメリカ)を4-6 7-6(5) 6-1で、ジョハナ・コンタ(イギリス)は予選勝者のヨハンナ・ラーション(スウェーデン)を6-1 6-2で下している。

 また、昨年の全米オープンを制し、昨年末で引退したフラビア・ペンネッタ(イタリア)の表彰がピエトランジェリ・コートで行われた。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: ROME, ITALY - MAY 10: Serena Williams of the United States reacts during her match against Anna-Lena Friedsam of Germany on Day Three of The Internazionali BNL d'Italia 2016 on May 10, 2016 in Rome, Italy. (Photo by Dennis Grombkowski/Getty Images)

最終更新:5月11日(水)20時14分

THE TENNIS DAILY