ここから本文です

ユヴェントスは欧州サッカーをリードする立場になったのか リッピ氏「重要な選手を売らないクラブになる」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月11日(水)15時40分配信

スター選手を売却するクラブではなくなるか

アントニオ・コンテ、マッシミリアーノ・アッレグリの下で安定感ある強いチームに変貌を遂げているユヴェントスは、今やイタリアサッカー界を支配する存在だ。昨季はチャンピオンズリーグでも決勝に進出し、今季も優勝候補の一角だったバイエルンを最後の最後まで苦しめた。

かつてイタリア代表やユヴェントスで指揮を執ったマルチェロ・リッピ氏は、そんなユヴェントスが欧州の強豪クラブと肩を並べる存在に達したと考えている。伊『Sky ITALIA』によると、同氏はユヴェントスが世界の強豪クラブと同じくスター選手を売却しないクラブになるだろうと予想している。

「ユヴェントスはこの2シーズンで大きな飛躍を遂げた。私は彼らが欧州をリードする立場に辿りついたと確信しているよ。それを証明するように、彼らは今後最も重要な選手を売らないクラブになるだろうさ」

ユヴェントスは昨季もアルトゥーロ・ビダルがバイエルンに移籍し、現在はスター選手の仲間入りを果たしたポール・ポグバや世界屈指のセンターバックに成長したレオナルド・ボヌッチなど数名のキープレイヤーが世界のトップクラブから狙われている。リッピ氏は欧州をリードする立場に回ったことを証明するためにもスター選手を売るべきではないとの意見だが、今夏ユヴェントスはどのような動きを見せるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月11日(水)15時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報