ここから本文です

ボルボ 新型「S60/V60ポールスター」を発売 ~新世代4気筒エンジンを採用~

オートックワン 5月11日(水)16時31分配信

ボルボ・カーズおよび同社のパフォーマンスブランドであるポールスターは、これまでで最強となる367馬力を発揮する新型「S60ポールスター」と新型「V60ポールスター」を新たに発表した。

(写真)ボルボ 新型S60/V60ポールスター

新型S60/V60ポールスターは、特別に強化された新世代Drive-Eパワートレーンの4気筒エンジンを搭載し、0-100km/h加速に4.7秒、最高速度は250km/h(リミッター作動)のパフォーマンスを実現している。

ポールスターはS60/V60の標準車に対し、ターボの大型化、スーパーチャージャーの強化、コンロッドとカムシャフトの変更、エアインテークの大型化、および燃料ポンプの大容量化といった変更を加え、エンジン性能の向上を実現。さらに、ボルグワーナー社の4WDシステムと、ポールスター用に最適化されたギアトロニック付新型8速オートマチックトランスミッションを組み合わせた。

優れたパフォーマンスを実現する特別装備に加え、車両重量を大幅に削減。新型S60/V60ポールスターは、昨年型に比べ、前軸重で24kg、総重量で20kgの軽量化を実現している。

ポールスターのニールス・メーラーCOOは「今回発表した新型S60/V60ポールスターは速くなりましたが、それ以上の進化を遂げています。それは、ポールスターの20年に及ぶレーシングの血統と、ボルボならではの実用性、そしてエンジニアリングの伝統を兼ね備えている点です。S60/V60ポールスターは、一年中すべてのシーズンを通じて日常的に使える、優れたハイパフォーマンスカーなのです」と述べた。

年間生産台数を従来の750台から1500台に倍増

新しいS60/V60ポールスターは、ポールスターブランドのさらなるグローバル展開を示している。

ポールスターは2014年に、初の公道仕様車を一部市場で発売した。今回発表した新型S60/V60ポールスターは、販売市場をこれまでの13カ国から47カ国に拡大するとともに、年間生産台数を従来の750台から1500台に倍増する。

新型S60/V60ポールスターは、ポールスター・シアン・レーシングが現在、FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)に参戦している新しい「S60ポールスターTC1レーシングカー」のテクノロジーを受け継いでいる。S60/V60ポールスターのニューモデルのベースとなるシャーシとエンジンには、「S60ポールスターTC1レーシングカー」と基本的に同一のテクノロジーを共有しており、これらの車はすべて同じ哲学のもと開発された。

「それぞれの目的は大きく異なりますが、S60ポールスターTC1レーシングカーと新型S60/V60ポールスターは、テクノロジーだけでなく核となる哲学を共有し、同じ情熱を持って開発チームによって開発されています。目的がレースで優勝することでも、安全性と機能面に優れ、四季を通じて運転を楽しめることであっても、あらゆる条件下で優れたパフォーマンスを発揮することを目指しているのです」とポールスター・シアン・レーシングのレーシングドライバー兼開発ドライバーのテッド・ビョーク氏は述べた。

1/2ページ

最終更新:5月11日(水)16時31分

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]