ここから本文です

ドイツ代表レーヴ監督はフンメルスのバイエルン移籍を歓迎か「喜ぶべきこと」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月11日(水)16時50分配信

ブンデスリーガ残留を望む

ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーヴ監督がバイエルンへの移籍を決断したDFマッツ・フンメルスに関して自らの見解を示している。

10日、ついにバイエルンへの移籍が正式発表されたフンメルス。今後ファンからは国内最大のライバルへ加わった同選手に対して非難の声があがることが予想されるが、レーヴ監督は違うようだ。独『Sport Bild』が伝えている。

同監督は「基本的に私は喜んでいるよ。代表選手がブンデスリーガに残るというのは喜ぶべきことだ。私にとってブンデスリーガはプレミアリーグやリーガ・エスパニョーラと並ぶ強さ、魅力があるからね」とフンメルスの“ブンデスリーガ”残留を喜んだ。

来季からフンメルスが赤いユニフォームをまとい、ドルトムントに凱旋したならば多くのブーイングを浴びることは間違いない。しかしレーヴ監督にとって、ドイツ国内で活躍する代表選手を見られるということは非常に喜ばしいことなのだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月11日(水)16時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]