ここから本文です

【MLB】田澤純一、悪送球でピンチ招くも1回1K無失点 Rソックスは3連勝

Full-Count 5月11日(水)11時24分配信

3番手できっちり無失点、チームは大勝

 レッドソックスの田澤純一投手は10日(日本時間11日)、本拠地アスレチックス戦で8点リードの8回に登板し、1回1安打1奪三振で無失点に抑えた。5試合ぶりの登板で役割を果たし、レッドソックスは13-5で勝利して3連勝となった。

日本人最高は?衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 レッドソックスは初回にベッツ、ラミレスのホームランで幸先良く3点を先制。3回にもペドロイア、ボガーツのタイムリーなどで5得点。5回にも3点を加え、11-0と一方的な展開となった。

 それでも、先発オサリバンが6回に4点を失い、7回には2番手ロスが1失点。打線がその裏に2点を加え、田澤は8点リードの8回に3番手でマウンドに上がった。

 先頭のセミエンにはスライダーをセンター前に運ばれるも、コグランのピッチャー返しは田澤がキャッチ。強烈なライナーにしっかり反応したが、一塁への送球が逸れ、失策で1死二塁となった。だが、続くクリスプをフォークで空振り三振、バーンズもフォークで一ゴロに仕留めて無失点に抑えた。

 レッドソックスはそのまま13-5で勝利。田澤は13球を投げてストライクは11球。防御率2.25となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月11日(水)12時15分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報