ここから本文です

リーグワースト被本塁打34…「一発病」深刻も、ホークス投手陣が盤石なワケ

Full-Count 5月11日(水)11時56分配信

「一発病」も総失点&防御率はリーグトップ、投手力は首位快走の原動力に

 ソフトバンクが快調に飛ばしている。33試合を消化して、21勝8敗4引き分けで、貯金13。2位のロッテに4ゲーム差をつけて首位に立つ。昨季よりも約1か月早く、首位に立ち、貯金も2ケタに乗せた。
 
 順調に序盤を戦っているように見えるが、鷹ファンにとって、1つ気がかりことがあるだろう。

ソフトバンク、過去10年のドラフト指名選手一覧

 深刻な「一発病」だ。

 ここまで33試合で被本塁打34はリーグワースト。12球団に目を移しても、ヤクルトの44本に次ぐ数字だ。

 5月2日から札幌ドームで行われた日本ハム戦。初戦にバンデンハークが3被弾すると、2戦目の和田毅は自己ワーストタイとなる4本塁打。3戦目の東浜巨も1本塁打を許し、3試合で8アーチ。5月7日の楽天戦(ヤフオクD)まで、8試合連続で被弾している。

 ところが、である。ソフトバンクの総失点114、チーム防御率3.11はリーグトップの数字。投手力がモノを言い、首位快走の原動力になっているとも言えるのだ。

 一体なぜか。見ていくと、興味深いデータが浮かび上がってくる。

ソフトバンクの被本塁打の内訳は…

 ソフトバンクはシーズン序盤に一時、借金3となるなど、スタートダッシュには失敗した。転機となったのは、鹿児島、熊本を転戦した4月9、10日のオリックス戦。この2試合に大勝すると、そこから22試合を18勝2敗2分けという驚異的なペースで白星を積み重ねている。

 このオリックス戦までの11試合で、浴びた本塁打は11本。この時の内訳はソロ4本、2ラン5本、3ラン2本となっている。

 そこからの22試合はどうだろう。被本塁打は23本。1試合平均約1本の被本塁打は変わらないが、ソロ20本、2ラン3本と、浴びた本塁打の9割近くがソロ本塁打になっている。

 リーグ最少の14被本塁打の西武を見てみると、ソロ5本、2ラン4本、3ラン5本となる。ソフトバンクと比べると、走者を置いた場面での本塁打の比率が高くなる。

 ソフトバンクは先に記した8被弾した日本ハム3連戦でもソロ7本、2ラン1本と、傷をほぼ最小限にとどめている。被安打255、そして与四球93は、ともにリーグで最少。“走者を貯めての一発”は試合の流れを変えるが、ソフトバンクには、これがほとんどないのだ。

 4日の日本ハム戦後、工藤公康監督はこう言っていた。「本塁打が多かろうが、試合に勝てばいい」。まさに、この言葉通りである。野球の鉄則である“無駄な走者を出さない”。これが出来ているからこそ、ソフトバンクは強い。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月11日(水)15時52分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)