ここから本文です

G7環境相会合で富山駅のコインロッカー閉鎖/富山

チューリップテレビ 5月11日(水)22時26分配信

 G7環境大臣会合が今月15日と16日に富山市で開かれ、各国の要人が集まります。
 開催まであと4日。
 
 県内では、警備や交通規制などの準備が本格化しています。
 環境大臣会合の間も多くの人が利用すると予想される、県都の玄関口・富山駅。コインロッカーに爆発物などが設置されるのを未然に防ぐため、JRでは12日から、「あいの風とやま鉄道」では13日から、環境大臣会合が終わる今月16日までの間、ロッカーを閉鎖することにしています。
 
コインロッカーの管理会社が10日から巡回を重ねていて、荷物が取り出されて空いたコインロッカーを見つけると、16日まで使えないように設定を変更しました。ただ、荷物を預けようとする観光客には、とまどいも見られます。
管理会社によると、これまでにほぼすべてのコインロッカーが閉鎖されていて、残されたロッカーも12日夜までに閉鎖を終える予定です。

チューリップテレビ

最終更新:5月11日(水)22時26分

チューリップテレビ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。