ここから本文です

【MLB】田中将大は6失点で2勝目ならずも…ヤ軍は勝利「突如打線が息を吹き返した」

Full-Count 5月11日(水)13時24分配信

田中はワーストタイ自責6も打線が10得点、指揮官「選手は非常にいい気分だと思う」

 10日(日本時間11日)に初対戦したロイヤルズ戦で、7回を投げ今季ワースト6失点ながらも勝敗はつかなかったヤンキース田中将大投手。10-7と乱打戦になった試合はヤンキースが制した。試合後、ジラルディ監督は「8、9日前は得点を挙げるのに精一杯だったのが、突如打線が息を吹き返した。今日みたいな試合は勝てなかったかもしれない試合。選手は非常にいい気分だと思うよ」と話したと、地元紙ニューズデイ電子版が報じている。

日本人最高は?衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 この日、田中は自己ワーストタイとなる3被弾、自責点6を記録しながらも、球数少なく試合を運んだ。7回を投げ終えて7安打4奪三振6失点、79球で降板した。試合後、田中は通訳を介して「今日はスライダーがよくなかった。高めに浮いて曲がりもよくなかった」と話したという。

 打線の大量援護のおかげで、大量失点をしながら勝利投手の権利を持って降板した田中だが、2番手ミラーが同点ソロを浴びて勝ち負けはつかず。ヤンキース勝利の方程式の一角を担うミラーは、今季13試合目の登板で初失点となった。

 ようやく打線が活気を取り戻してきたヤンキース。田中は次回、再び中4日で15日(日本時間16日)の本拠地ホワイトソックス戦での先発が予定されている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月11日(水)14時35分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]