ここから本文です

小杉庁舎跡地利用訴訟 第1回弁論 市側「違法性なし」/富山

チューリップテレビ 5月11日(水)22時31分配信

 射水市・小杉庁舎の跡地利用をめぐり、夏野市長が片山学園と小学校開校の随意契約を結ぼうとしたのは違法として、射水市の男性が市長を相手取った裁判です。
 市側は、争う姿勢を示しました。
 この裁判は、去年12月、小杉庁舎の跡地利用をめぐり、射水市が競争入札を行わずに片山学園と随意契約を結ぼうとしたのは違法だとして、射水市の男性が夏野市長を相手取り、片山学園との交渉をしないよう求めたものです。
 市側は「現在、公募型プロポーザルが行われており、手続きに違法性はない」と争う姿勢を示しました。
 射水市は、去年から、小杉庁舎の跡地利用をめぐり、片山学園を誘致する計画を進めていましたが、「競争機会を確保するため」として、今年3月にプロポーザルの実施を決めました。

チューリップテレビ

最終更新:5月11日(水)22時31分

チューリップテレビ