ここから本文です

NBA入り目指す 八村が米ゴンザガ大進学へ/富山

チューリップテレビ 5月11日(水)22時33分配信

 バスケットボール界の次世代ホープが、夢へ一歩前進です。
 富山市出身の八村塁(はちむら・るい)選手が、アメリカ・NCAAの強豪『ゴンザガ大学』へ進学する見通しとなったことを、明らかにしました。
 2メートル超えの長身と類まれな身体能力で、2020年・東京オリンピックの主役として注目されている八村塁選手。
 11日、東京で会見し、アメリカ大学体育協会『NCAA(エヌ・シー・エー・エー)』1部の強豪『ゴンザガ大学』に入学できる見通しとなったことを、明らかにしました。「NBAに一番近いのはNCAじゃないかなと思っているので、そこでやれるのは嬉しい」(富山市出身・八村塁選手記者会見)
 富山市の奥田中学校出身で、ベナン人の父をもつ八村選手は、宮城県の強豪『明成(めいせい)高校』で中心選手として活躍。ウインターカップ三連覇にも貢献しました。日本代表候補にも選ばれ、この春、高校を卒業しました。
 「僕がバスケを始めたのは中学校のときで、そのときから、先生に『NBA行くんだ』と言われて、夢に向かってきて、それが目標につながっている…」(八村選手記者会見)
 八村選手は今月中にも渡米し、語学研修を経て、9月に正式入学が決まります。

チューリップテレビ

最終更新:5月11日(水)22時33分

チューリップテレビ