ここから本文です

富山銀行 本店を高岡駅前に移転へ

チューリップテレビ 5月11日(水)22時35分配信

 歴史都市『高岡』を象徴するシンボル・富山銀行の本店が、高岡駅前に移転新築されることにりました。3年後の春の竣工を目指します。

 これは、11日の決算発表の記者会見で、齊藤頭取が明らかにしたものです。新しい本店は、高岡駅前・東地区の高岡駅前ビル跡地に建設予定で、来年度に建設工事を開始し、2019年春に移転オープンの予定です。
 富山銀行は、本店を高岡駅前に移すことで、本部機能と県西部の営業機能の強化を図る考えです。
 また「高岡駅前ににぎわいを作りたい」としています。
 齊藤頭取によりますと、建設予定地は高岡市が所有する土地で、土地の取得方法について、現在の本店や土地と交換または売却などを含め、高岡市と協議を行う予定です。
 高岡市山町筋(やまちょうすじ)に立地する富山銀行の本店は、102年の歴史を持つ建物で、『赤レンガの銀行』として親しまれています。
 富山銀行の2016年3月期の決算は、本業の儲けを示す『コア業務純益』が3期連続で前の期を上回り、14億4600万円となりました。

チューリップテレビ

最終更新:5月11日(水)22時35分

チューリップテレビ

【生中継】小池百合子都知事の会見