ここから本文です

負傷者続出もU-23日本代表の司令塔には関係ない!? 「人に合わせるのは得意」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月11日(水)18時50分配信

今季もJ2の舞台で躍動

11日にガーナ代表と対戦するU-23日本代表MF矢島慎也が意気込みを語った。

1月に開催されたAFC U-23選手権(オリンピック最終予選)で主力選手として日本の優勝に貢献した矢島は、今季も昨年から期限付き移籍で加入しているファジアーノ岡山でプレイ。12節を終えて全試合に先発出場、開幕戦からゴールを決めるなど、4位と好調なクラブの攻撃を牽引している。

11日に行われる「MS&ADカップ2016 ~九州 熊本震災復興支援チャリティーマッチ がんばるばい熊本~」でガーナのA代表と対戦するU-23日本代表メンバーにも選出された矢島は9日から代表チームのトレーニングに合流。10日には試合会場となるスタジアムで公式練習に励み、ガーナ戦に向けた意気込みを語った。同選手のコメントを日本サッカー協会公式サイトが伝えている。

「相手は身体能力が高くて対人に強いと思うので、考えてうまくスペースを見つけてプレイしたいです。カウンター合戦のようになると相手が速いと思うので、コンパクトにしてまとまって戦うことが大事ですし、それには声の掛け合いとかチームの共通意識が大事になります。けが人が出て選手の入れ替わりはありますが、人に合わせるのは得意なので、あまり心配していません」

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月11日(水)18時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。