ここから本文です

コリジョンルール適用でセーフに 阪神・金本監督は猛抗議

Full-Count 5月11日(水)19時6分配信

大和がストライク送球も判定覆る

 阪神の金本知憲監督が、11日の巨人戦(甲子園)で怒りの猛抗議を見せた。

 1点ビハインドの3回2死二塁。脇谷の打球は中前へ。中堅・大和が本塁へワンバウンドでストライク送球した。捕手・原口はバウンドに合わせるようにして、下がって捕球。タイミングは完全アウトだったが、スライディングした二塁走者・小林の走路をふさぐようにして捕球してしまい、これがビデオ判定に持ち込まれた。

 数分後、コリジョンルールによりアウトからセーフの判定に覆った。甲子園に「えぇ~」と悲鳴と怒号が響く中、金本監督は審判団へ猛抗議した。結局、他の首脳陣に止められ、退場とはならなかったものの、一塁ベンチへ下がる時には首をかしげたままだった。

 直後の 3回2死一、二塁ではギャレットの右前適時打でリードを3点に広げられた。ベンチの金本監督は憮然とした表情のままだった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月11日(水)19時6分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]