ここから本文です

[U-23日本代表]10番を背負う矢島が15分で2得点を奪取 3点をリードして後半へ

theWORLD(ザ・ワールド) 5月11日(水)20時5分配信

横浜FW富樫、初先発で初ゴール

リオデジャネイロ五輪に出場するU-23日本代表は11日、「MS&ADカップ2016 ~九州 熊本震災復興支援チャリティーマッチ がんばるばい熊本~」でガーナのA代表(国内組)と対戦した。試合は佐賀県のベストアメニティスタジアムで開催された。

U-23日本代表は1月に開催されたAFC U-23選手権(オリンピック最終予選)を制した主力メンバーから、DF室屋成(FC東京)、MF中島翔哉(FC東京)、FW鈴木武蔵(アルビレックス新潟)など負傷者が続出。リーグ戦での疲労度を考慮され、U-23代表チームでキャプテンを務める浦和レッズのDF遠藤航や、柏レイソルのGK中村航輔ら主力級選手もこの試合には招集されず、新戦力の発掘が期待された。

ボールを保持して攻めこむ日本代表が序盤から決定機を迎える。12分、ペナルティエリア内やや左の位置でパスを受けたMF矢島は、右足を振りぬいて狙いすましたシュートを放つ。ボールはゴール右隅に吸い込まれ先制に成功する。さらにその3分後には、右サイドを駆け上がったDF伊東が、ファーサイドめがけてクロスを送り込むと、走りこんできたMF矢島が右足で合わせてボレーシュートを放ち追加点を奪取。日本代表は幸先良く、15分までに2点をリードする。

その後も主導権を握って試合を進めるU-23代表は30分、ペナルティエリア内でボールを受けたFW富樫が飛び出してきたガーナGKオフォリの頭上を超える見事なループシュートを決めた。 富樫は初の先発起用で初ゴールを記録する。U-23代表が圧倒的に攻め込みながら3点を決め、優位な状況で後半へと突入する。

[メンバー]
GK:櫛引
DF:伊東、奈良、植田、亀川
MF:野津田、橋本、大島、矢島
FW:富樫、浅野

[スコア]
U-23日本代表 3-0 ガーナ代表

[得点者](前半終了時点)
U-23日本代表:矢島(12、15)、富樫(30)

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月11日(水)20時5分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]