ここから本文です

デ・ヘアとマルシャルはマンUにふさわしくない!? サポーターが2人の今夏退団を容認

theWORLD(ザ・ワールド) 5月11日(水)20時20分配信

UCL出場権を確保できなければ退団も仕方ないか

逆転でのチャンピオンズリーグ出場権獲得もあり得ると思われていたマンチェスター・ユナイテッドだったが、10日に行われたウェストハム戦に敗れたことで自力でのチャンピオンズリーグ出場権獲得の可能性が消滅した。これで最終節に勝ったとしても、4位マンチェスター・シティが勝ち点3を獲得すればチャンピオンズリーグ出場権を得ることはできない。

チャンピオンズリーグ出場権を逃したクラブは主力の流失が避けられない運命にあり、マンUの中にも退団を決意する選手もいるかもしれない。クラブとしては何とか引き留めたいところだが、サポーターは主力流失は仕方がないと諦めているようだ。

英『METRO』によると、一部のマンUサポーターは今夏にGKダビド・デ・ヘアとFWアントニー・マルシャルの2人が退団するのではないかと予想しており、レアル・マドリードあたりが触手を伸ばしてくると考えている。2人とも今のマンUには絶対欠かせない主力選手だが、サポーターはチャンピオンズリーグ出場権を失った場合は2人を引き留める権利はなく、マンUは2人のクオリティにふさわしくないクラブだと諦めている。

指揮官ファン・ハールはまだチャンピオンズリーグ出場を諦めていないと最後の希望に賭けているが、マンUはクラブの威厳と主力選手の残留、さらにはサポーターのプライドを守るためにも最終節に絶対勝利しなければならない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月11日(水)20時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報