ここから本文です

ウィルシャーもスターリングもピンチ イングランド代表ファンが思うEUROに連れて行くべきMFランキング

theWORLD(ザ・ワールド) 5月11日(水)20時40分配信

若手が高い評価得る

若手の急成長もあって人材が溢れているイングランド代表は、EURO2016に誰を連れていくべきなのだろうか。

英『Sky Sports』は、激戦区となっているMFから誰をEURO2016に連れていくべきかをアンケート調査した。調査対象となるのは2015年以降イングランド代表に招集された経験がある選手だが、今回は負傷してしまったアーセナルMFアレックス・オックスレイド・チェンバレンが対象から外されている。

10位 マイケル・キャリック(マンチェスター・ユナイテッド)

9位 ジャック・ウィルシャー(アーセナル)

8位 ジョーダン・ヘンダーソン(リヴァプール)

7位 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)

6位 ダニー・ドリンクウォーター(レスター・シティ)

5位 ジェイムズ・ミルナー(リヴァプール)

4位 アダム・ララーナ(リヴァプール)

3位 ロス・バークリー(エヴァートン)

2位 エリック・ダイアー(トッテナム)

1位 デル・アリ(トッテナム)

1番人気だったのは、今季大ブレイクした20歳のデル・アリだ。デル・アリはトップ下、サイドでもプレイが可能で、そのプレイスタイルからスティーブン・ジェラード2世とも言われる逸材だ。強烈なミドルシュートも持っており、得点力があるところも期待できる。

その他にもダイアー、バークリーら若手が人気を集める一方で、スターリングやヘンダーソンといった2014ワールドカップにも出場した選手たちが人気を落としている。スターリングは昨夏マンCに移籍したが、スタメンを確保することができていない。逆にマンCからリヴァプールへ移籍したミルナーが高い評価を得ており、イングランドのサッカーファンはスターリングの必要性をあまり感じていないようだ。

また、長期間離脱していたガラスの天才ウィルシャーも9番人気と停滞しており、やはり代表に招集されるにはプレイタイムが短すぎるか。代表監督のロイ・ホジソンはウィルシャーを高く評価していたが、果たして最終的に誰が激戦を制してフランス行きの切符を掴むのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月11日(水)20時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]