ここから本文です

【MLB】田中将大、援護もらうも6失点 ヤ軍は勝利も猛省「接戦にして申し訳ない」

Full-Count 5月11日(水)19時51分配信

自己ワーストタイの3被弾、スライダーに課題「高さもよくなかったし、キレもなかった」

 10日(日本時間11日)に本拠地で行われたロイヤルズ戦に先発し、7回を投げて3被弾6失点を喫したヤンキースの田中将大投手が、試合後に米メディアの取材に応じ「チームが勝ったのが一番よかったこと。だけど、たくさん点を取ってくれた時に接戦にして申し訳ない」と猛省した。

日本人最高は?衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 ジラルディ監督は、この日の乱調についてスライダーの状態の悪さを指摘。田中自身も「高さもよくなかったし、キレもなかった。全体的にボールが少し高かった」と振り返った。

 この日は、ケインに許した2本塁打を含めメジャー自己ワーストタイとなる3被弾。「いい時の登板でも、相手の打ち損じに助けられている部分があった。今日は自分のミスした球が、ホームラン3本という結果になってしまったので残念」とし、早いカウントから積極的にバットを振ってくるロイヤルズ打線を相手に「自分が思うようにボールをコントロールできなかったこと」が乱打戦の原因だとした。

 この日までに先発した6試合では、いずれも自責点2以下に抑える力投をしながら、打線の援護がなく、わずか1勝に止まっていた。ようやく味方打線が爆発したが、試合は逆転に次ぐ逆転のシーソーゲームに。田中は「チームが点を取ってくれる時に、自分自身がしっかりといい投球をして勝つことが一番いい形。たくさん点を取ってくれた時に、接戦にして申し訳ない」と反省し、次回の奮起を誓った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月11日(水)19時51分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]