ここから本文です

広島・堂林が痛恨のタイムリーエラー 8回に5失点で逆転許す

Full-Count 5月11日(水)20時37分配信

1死二、三塁で後逸

 広島の堂林翔太内野手が11日のヤクルト戦(神宮)で痛恨のタイムリーエラーを犯した。

 2点差を追いつかれた8回1死二、三塁。川端のボテボテの打球は堂林の正面へ。堂林は本塁へ突っ込む三塁走者・中村を刺そうと、逆シングルでの捕球を試みたが、イレギュラーした打球に対応できず後逸。適時失策で1点勝ち越しを許した。

 さらに、ジャクソンが山田に中前適時打を許し、3番手・今村もバレンティンに中前適時打を献上し、この回一挙5失点。緒方監督はベンチで唇をかみしめた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月11日(水)20時37分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]