ここから本文です

スター選手放出の噂が絶えないレアル・マドリード、若手ドリブラーも狙われる

theWORLD(ザ・ワールド) 5月11日(水)22時10分配信

愛着はあるはずだが

バイエルンがレアル・マドリードのMFルーカス・バスケス獲得に乗り出すようだ。

スペイン『Fichajes』によると、来季からバイエルンの監督に就任するカルロ・アンチェロッティは同選手のことを高く評価している模様。そのためルーカス・バスケスの契約は2020年まで残っているが、バイエルンはアーセナルとともに獲得を狙っていると報じられている。

この24歳のドリブラーにつけられた値札は750万ユーロ。バイエルンほどのビッグクラブならば出すのに惜しむ高さの額ではないことは確かだ。

同選手はガリシア州のストリートでフットボールの技術を磨き、15歳のときにレアル・マドリードの下部組織へ入団。そして昨年、トップチームで初ゴールを記録している。レアル・マドリードへの愛着は他の選手よりあることは間違いないが、移籍の可能性はあるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月11日(水)22時10分

theWORLD(ザ・ワールド)