ここから本文です

U-23日本代表、ガーナとの強化試合に快勝 指揮官「日本代表は国民の希望でなければいけない」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月11日(水)22時8分配信

困難に面している人たちにパワーを

リオデジャネイロ五輪に出場するU-23日本代表は、「MS&ADカップ2016 ~九州 熊本震災復興支援チャリティーマッチ がんばるばい熊本~」でガーナのA代表(国内組)と対戦し、3-0のスコアで快勝した。

指揮官の手倉森誠監督は試合後、「『日本代表は国民の希望でなければいけない。熊本で困難に面している人たちに我々がエネルギーを注いで、パワーを届けるんだ。そういう覚悟を示せ』という話を選手たちにした」と語った。そして試合を振り返り「見事にやってくれたと思う」と続けた。前半15分までにファジアーノ岡山のMF矢島慎也が2得点を記録、その後30分には横浜F・マリノスの富樫敬馬が初先発ながら冷静にループシュートを沈め、代表初ゴールをマークしてガーナから3得点を奪取した。

U-23日本代表は現在、アジア最終予選で活躍した主力メンバーが負傷で大量に離脱している。だがこの試合で富樫や2点目をアシストした鹿島アントラーズのDF伊東幸敏など、新戦力の台頭も目立った。これについて指揮官はチームの競争力が高くなっていると語り、「自分で自分の首をしめている」とうれしい悲鳴をあげた。

U-23代表は5月18日から29日にかけてフランスで行われるトゥーロン国際大会で、ポルトガルやイングランドなどの強豪チームと戦い、リオデジャネイロ五輪に向けたチームの強化とメンバーの絞り込みを行っていく。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月11日(水)22時8分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報