ここから本文です

G首位再浮上、広島逆転負け、SB2度目8連勝、ハム大谷4戦連発…11日プロ野球

Full-Count 5月11日(水)23時5分配信

ヤクルト終盤逆転劇、DeNA完封リレー、楽天ルーキー茂木プロ1号

 プロ野球は11日、各地で6試合が開催された。

 巨人は阪神と甲子園で対戦し、3-1で逃げ切り勝ち。1点リードの3回2死二塁では脇谷の中前安打で二塁走者・小林が本塁へスライディング。判定はアウトだったが、コリジョンルールの適用でアウトがセーブに覆り、2点リードに広がった。先発の田口は7回途中1失点。初回の坂本の9号ソロ、3回のギャレットのタイムリーで挙げた3点を守りきり、ゲーム差なしながらも、勝率0.002差で首位に立った。

2016年 セ・リーグ&パ・リーグ 順位表

 広島はヤクルトの終盤の集中打に屈した。2点リードの8回無死満塁から代打・今浪の同点2点二塁打。さらに、堂林の適時失策や山田、バレンティンの連続適時打を浴び、一挙5失点。先発の野村は7回まで3安打無失点に抑えたが、2回以降は打線が沈黙。2-5で逆転負けした。

 中日はDeNAに完封リレーを食らい、首位陥落。初回、3回の得点機を逃すと、DeNA先発の左腕・石田に7回3安打無失点に抑えられた。三上、山崎康につながれ、連勝は4で止まった。

 パ・リーグではソフトバンクが盤石。2位・ロッテとの直接対決で9-5で大勝した。初回に今宮の1号ソロ、長谷川の5号3ランで4得点。投げては先発の和田が8回9安打5失点も強力援護に守られ4勝目。チームは引き分けを挟んで今季2度目の8連勝を飾り、貯金を今季最多の14とした。

 3位・日本ハムは東京ドームで行われたオリックス戦で6-2で快勝。初回に中田の5号ソロで先制。3回には大谷が自身初の4試合連続弾となる7号2ランを放った。ON砲のアベック弾は4日のソフトバンク戦以来今季2度目、通算7度目で、チームは2連勝、勝率5割に戻した。敗れたオリックスは4連敗で最下位となっている。

 楽天は本拠地・西武戦で8-3で大勝した。1点を追う2回にドラフト3位・茂木のプロ初となる1号3ランで逆転。5回には今江が史上65人目の通算300二塁打を適時打で飾るなど4安打4点を奪った。先発の美馬が4勝目。チームの連敗は4で止まった。

【セ・リーグ】
◇ヤクルト 5-2 広島(神宮)
勝 石川(4勝4敗)
敗 野村(4勝2敗)
S オンドルセク(8セーブ)

◇DeNA 2-0 中日(横浜)
勝 石田(3勝1敗)
敗 山井(0勝5敗)
S 山崎康(7セーブ)

◇阪神 1-3 巨人
勝 田口(2勝1敗)
敗 メッセンジャー(4勝2敗)
S 澤村(9セーブ)
HR【巨】坂本9号

【パ・リーグ】
◇日本ハム 6-2 オリックス(東京ドーム)
勝 吉川(4勝1敗)
敗 東明(1勝4敗)
HR【日】中田5号、大谷7号

◇楽天 8-3 西武(Koboスタ宮城)
勝 美馬(4勝0敗)
敗 佐藤(0勝1敗)
HR【楽】茂木1号

◇ソフトバンク 9-5 ロッテ(ヤフオクドーム)
勝 和田(4勝1敗)
敗 二木(2勝4敗)
HR【ロ】デスパイネ7号、井口2号、ナバーロ1号、【ソ】今宮1号、長谷川5号、松田6号

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月11日(水)23時15分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)