ここから本文です

USJのデロリアン、6,000万人を突破

Lmaga.jp 5月11日(水)16時0分配信

5月末日をもってクローズすることが発表された、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(大阪市此花区)のアトラクション「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」が5月11日・12時53分頃、アトラクション体験者数6,000万人を突破した。

5月末をもって見納めとなるタイムマシーン・デロリアン

この「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」は、発明家ドクの研究所で開発された8人乗りコンバーチブルの新型デロリアンに乗って、悪漢ビフ・タネンを追って時空の旅に出かけるライド・アトラクション。この日、クルーから6,000万人目の体験グループであることがアナウンスされると、デロリアンへの乗車を待つ23名のゲストたちからは歓喜の声が上がった。

6,000万人目となった北海道の28歳男性は、「ドク・ブラウン博士になりたくて大学も工学部に行って今も研究しています。10年前ぐらいにパークに来たときは、時間がなくて乗れなくて、ずっと乗りたいと思っていました。初めての乗車で奇跡的にこの瞬間に立ち会えて一生の思い出です。うれしくて言葉が出ないです。好きすぎて普段からずっとマーティの服装をしています」と、驚きと感動で胸がいっぱいに。

また、アトラクションの小道具などが出品されたチャリティ・オークションでも、5月10日時点の落札・入札合計額が2,906,001円に達したことも発表された。16日からは目玉となる「実物大デロリアン(レプリカ)」の入札がスタートする。オークションの収益は、諸経費を除いて、パーキンソン病の研究助成活用を行う「マイケル・J・フォックス パーキンソン病リサーチ財団」へ寄付される。

最終更新:5月11日(水)16時0分

Lmaga.jp