ここから本文です

クラブシーンで絶対的な輝きを放つ、SAYが遂に降臨!3年ぶりの4thアルバム『vivid』が6/22にリリース決定

E-TALENTBANK 5月11日(水)13時57分配信

SAYの実に3年ぶりとなるフルアルバムのリリースが決定した。レコード会社をMS Entertainmentへ移籍し、4枚目のアルバムを6/22にリリースする事となる!結婚、出産を経験し一回りスケールが大きくなったSAYならではの人生観が凝縮された11曲を収録した自信作となる。

タイトルも「vivid」、彼女の今の心境をそのまま表現した内容になる。本人曰く『180度変わった私の世界はとても色鮮やかでエネルギッシュ』だと言う。

リードナンバーの「#ThankYou」はSAYならではのしなやかさと芯の通った心地よさを感じる。『初めてファンに向けて書いた歌です。どんな時も私を支えてくれて、一緒に喜んでくれた。そんなみんなに何度でも伝えたいありがとうです』。また、もう一曲のリード曲となる「Trouble in▼」は夏のパーティーチューンとして欠かせない楽曲。『イケナイ男子からステキ女子奪還。その恋迷ってるなら、チェンジ。しちゃえ!』全ての女性が今以上、素敵にステップアップするような応援ソングとなっている。

またアルバムからの先行配信シングル曲「#ThankYou」のミュージックビデオが公開されているので、こちらもチェックしてみてはいかがだろうか。

※▼はハートマーク。

2016.6.22 Release !!!
4th Album『vivid』
販売価格/2,500円(税込み)品番/VCCM-2105

【アルバム収録楽曲】
1.#ThankYou
2.トモオ
3.One&Only(Japanese. Ver)
4.Yeah Yeah Yeah
5. Gonna Be Your Lady
6. Trouble in▼
7. DanDan…
8. フタリデヒトツ
9. Line (Japanese. Ver)
10. One&Only(English. Ver)
11. Line(English. Ver)
全11曲収録

株式会社イータレントバンク

最終更新:5月11日(水)13時57分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。