ここから本文です

2年ぶりの本塁打王へ!西武・メヒアの“初球打ち”がスゴい

ベースボールキング 5月11日(水)11時0分配信

昨季の二の舞は御免…オフに体を絞って今季に臨んだメヒア

 西武のメヒアがすごい。

 来日初年度の2014年、途中加入ながら34本塁打を放ち、同僚の中村剛也と共に本塁打王のタイトルを獲得。同一シーズンに同一球団から複数の本塁打王が出たのは、2リーグ制後では初めてのことだった。

 しかし、オフシーズンに体重が増えたことや、他球団から研究された影響もあってか、昨季は打率も.235まで落ち込み、本塁打も27本に留まった。

 そして迎えた今季、メヒアが体を絞ってきたのは一目瞭然だった。顔つきも精悍さが増し、2014年の打撃を取り戻す可能性を十分に感じさた。

 その取り組みは、結果となって表れる。5月10日終了時点で、パ・リーグ4位の打率.316を記録するだけでなく、14本塁打、36打点はいずれもリーグ断トツだ。

 圧巻だったのが4月24日の楽天戦で。第2打席でソロアーチを放つと、第3打席には2ラン、第4打席には満塁弾と来日初の1試合3本塁打。チームの全打点を叩き出す派手な大活躍を見せた。

初球打ちの成績は驚異の「打率.667」&「5本塁打」

 外国人選手が打席に立つとき、よく聞くのが「初球に注意」、「ファーストストライクの取り方に注意」というもの。このメヒアも、初球の入り方に注意する必要がある外国人選手のひとりだ。

 不振だった昨季でも、初球の打率は.339、ファーストストライク時の打率は.317と3割以上をマーク。バッテリーが安易にストライクを取りにいったときの一発が多い、典型的な外国人選手と言えるメヒアだが、今季は初球やファーストストライク時に驚異的な成績を残している。

 初球時は21打数14安打の5本塁打。打率にして.667を記録。さらに、初球を含むファーストストライク時も37打数19安打、6本塁打で打率.514と高い成績だ。

 今季放った14本塁打中、実に11本が2球目以内に打ったものだが、一方で今年は2ストライク時でも3本塁打を放っている。2ストライク時の打率は.171と当然下がるのだが、一発の恐怖があるメヒアに対しては相手投手も安心できない。

 これらの数字を見る限り、相手バッテリーとしては「いかに浅いカウントでストライクをとっていくか」というところに徹底的に注意を払う必要があるだろう。

 一昨年、本塁打王を分け合った中村はここまで打率こそ.280だが、本塁打はまだ4本と本領を発揮していない。チームの投手陣に不安があるなか、中村が完全復調するまでメヒアにかかる期待は大きい。

 “初球時のメヒア”に、これからも大いに注目である。


文=京都純典(みやこ・すみのり)

BASEBALL KING

最終更新:5月11日(水)12時1分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]