ここから本文です

昨年の爆発力を取り戻せるか…ロッテ首位追撃のキーマン・清田育宏

ベースボールキング 5月11日(水)17時45分配信

前半戦の山場のひとつとなる首位決戦

 5月10日、本拠地でのロッテ戦に勝利したソフトバンクが連勝を7に伸ばした。

 開幕直後こそつまずいた昨季覇者だが、4月9日から8連勝を記録するなど、徐々に本領を発揮。気がつけば独走態勢に入ろうとしている。

 その王者を追いかける2位のロッテだが、チームの勢いは対照的だ。5月に入って無敗のソフトバンクに対し、ロッテは3勝5敗と負けが先行。停滞気味な感は否めない。

 5月1日にソフトバンクに首位の座を明け渡すと、あっという間に4ゲーム差をつけられてしまった。10日の直接対決第1ラウンドでもバンデンハークを打ち崩すことができず完敗。このままだとパ・リーグの火が消える……というと大袈裟かもしれないが、ソフトバンクがあまりに大差で独走するようだと、ペナントレースの面白みが少なからず奪われてしまうのは事実。そういった意味でも、ロッテは重要なポジションにいる。
 
 そういった意味で、10日から始まった直接対決は前半戦のひとつの山場となる。このままソフトバンクが独走態勢を固めるのか、それともロッテがそれを阻むのか…。きょうからの2試合の結果がペナントレースに大きな影響を及ぼす。

昨年5月は神がかり的に当たっていた清田

 ロッテとソフトバンクの対戦成績は、ここまで2勝3敗1分でソフトバンクがリード。4月5日からヤフオクドームで行われた初顔合わせでは、ロッテが2勝1分で勝ち越し。ソフトバンクに今季唯一となる連敗を食らわせたが、前回対戦のQVCマリンで2戦2敗。強力なソフトバンク投手陣の前に、2試合でわずか1得点に抑えられてしまった。

 巨大戦力を誇るソフトバンクに打ち勝つには、打撃力のほかに相手投手陣を飲み込んでいく“勢い”のようなものも必要なのかもれしれない。

 そう考えた時、伝統的に勢いに乗れば手がつけられないチームといえば、このロッテではないだろうか。現在の主力のなかで、その象徴とも言える選手が清田育宏である。

 昨季は序盤で神がかり的に打ちまくり、柳田悠岐(ソフトバンク)や秋山翔吾(西武)らを抑えて首位打者争いをリードしていた。

 今季はここまで打率.221と本調子からはほど遠い状態となっているが、5月7日のオリックス戦ではその爆発力が発揮されている。

 1点ビハインドで迎えた8回裏、それまで無安打だった清田がソロ本塁打を放ち同点に追いつくと、9回裏にはサヨナラタイムリー。チームに勝利をもたらした。

 そんな清田が当たりに当たっていたのが、昨年の5月。月間成績は打率.396で、6本塁打、21打点と驚異的な活躍。昨年5月のいいイメージを取り戻し、再び“5月男”となれるだろうか。

 なお、今月は5月27日~29日の交流戦前最後のカードでも、ソフトバンクとの対戦が組まれている。


文=清家茂樹(せいけ・しげき)

BASEBALL KING

最終更新:5月11日(水)18時9分

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]