ここから本文です

昨季は7年ぶりに王座陥落…セの本塁打王争いを盛り上げる助っ人たちの逆襲

ベースボールキング 5月11日(水)16時15分配信

 バレンティン(ヤクルト)と筒香嘉智(DeNA)の2人が10日の試合で、今季10号本塁打を放った。

 10日終了時点のセ・リーグ本塁打ランキングを見ると、エルドレッド(広島)と山田哲人(ヤクルト)が12本でリーグトップ。3位ビシエド(中日)が11本、4位が10日の試合で10本に到達したバレンティンと筒香の2人だ。上位5人のうち3人が助っ人外国人がランクインしている。

 ちなみに昨季、5月10日終了時点の本塁打ランキングはというと、筒香、畠山和洋(ヤクルト)が7本でトップ。3位がロペス(DeNA)の6本、4位が福田永将(中日)の6本、5位が平田良介(中日)、山田哲人(ヤクルト)、片岡治大(巨人)の4本だった。

 昨季のこの時期に比べると、外国人選手の名前が上位に並んでいることが分かる。その要因の1つとして、昨季故障に泣いたバレンティンとエルドレッドの2人が、開幕から元気にプレーしていることが大きい。

 13年にシーズン新記録となる60本塁打を放ったバレンティンは昨季、左大腿直筋の肉離れの影響で、シーズンをほぼ棒に振り1本塁打に終わった。今季は故障で出遅れたものの、4月3日に一軍昇格してからは、出場2試合目に今季初本塁打を放つと、4月30日の巨人戦から5月3日のDeNA戦にかけて3試合連続弾。5月だけに限れば、チームメイトの山田と並びリーグトップの4本塁打を記録する。

 エルドレッドは、これまで4番で出場することが多かったが今季は開幕から5番で出場。この起用がハマっている。4月26日の阪神戦で1試合2ホーマーを記録するなど、3、4月はリーグトップタイの9本塁打をマーク。5月に入ってからも勢いは止まることなく、1日の中日戦では、代打で逆転3ランを放つなど、3本のアーチを描いている。

 また、バレンティンとエルドレッドだけでなく、今季から中日に加入したビシエドも本塁打を量産する。メジャー通算66発男は、開幕カードの阪神戦で、挨拶代わりに3試合連続本塁打を記録。その後も、5月7日の巨人戦で1イニング2本の本塁打をマークするなど、早く二ケタ本塁打に到達。故障がなければ、シーズン最後までタイトル争いに顔を出しそうな勢いだ。

 昨季は本塁打王候補のバレンティンとエルドレッドの2人が故障に悩まされ、シーズンを通してプレーすることができず、08年の村田修一(当時横浜)以来日本人選手の山田がタイトルを獲得した。開幕から好調が続く外国人勢が、2年ぶりに本塁打王を獲得するのか…。それとも、山田、筒香ら日本人勢が2年連続で同タイトルを受賞するのか…。今後も本塁打王争いに注目だ。

BASEBALL KING

最終更新:5月11日(水)16時15分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]