ここから本文です

ザ・ナショナル、グレイトフル・デッドの“Morning Dew”のTVカヴァー・ライヴ映像公開

RO69(アールオーロック) 5月11日(水)12時34分配信

ザ・ナショナルが米TV番組「The Late Show with Stephen Colbert」に出演し、グレイトフル・デッドの“Morning Dew”のカヴァー・ライヴを披露した。

ザ・ナショナルのブライス・デスナーとアーロン・デスナーはグレイトフル・デッドのトリビュート・アルバム『デイ・オブ・ザ・デッド』を企画、同アルバムは6月15日(水)にリリースされる。

映像はこちらから。
http://www.youtube.com/watch?v=4paT-FtAHzU

『デイ・オブ・ザ・デッド』は、マムフォード・アンド・サンズ、ボン・イヴェールのジャスティン・ヴァーノン、ザ・フレーミング・リップス、スティーヴ・マルクマス、ヨ・ラ・テンゴのアイラ・カプランら60組のアーティストによるグレイトフル・デッドのカヴァーを収めたアルバム。完成まで4年を費やし、5枚組全59曲、総収録時間約6時間に及ぶ大作となっている。グレイトフル・デッドは、デスナー兄弟が音楽を始めるきっかけとなったバンドでもあるという。

リリースの詳細は以下の通り。

●リリース情報
アーティスト:Various Artists(ヴァリアス・アーティスツ)
タイトル:The Day Of The Dead(デイ・オブ・ザ・デッド)
レーベル:4AD / Hostess
発売日:2016年6月15日(水)
品番:BGJ-1036/41
価格:5,500円+税
※CDは5枚組、全59曲収録
※完全生産限定盤、日本独自企画盤
※Tシャツ、ライナーノーツ(予定)

<参加アーティスト>
ザ・ナショナル
マムフォード&サンズ
ザ・フレーミング・リップス
ジャスティン・ヴァーノン(ボン・イヴェール)
アノーニ
スティーヴン・マルクマス(ペイヴメント)
アイラ・カプラン(ヨ・ラ・テンゴ)
J・マスキス(ダイナソーJr)
ジム・ジェームス(マイ・モーニング・ジャケット)
コートニー・バーネット
ウィルコ
リー・ラナルド
カート・ヴァイル
ザ・ウォー・オン・ドラッグス
トゥンデ・アデビンペ(TV・オン・ザ・レディオ)
ダニエル・ロッセン(グリズリー・ベア)
ファックト・アップ
パフューム・ジーニアス
ローカル・ネイティヴス
アンノウン・モータル・オーケストラ
リサ・ハニガン
ティム・ヘッカー
ザ・トーレスト・マン・オン・アース
キャス・マックームス
など全60アーティスト

<トラックリスト>
DISC 1
1. The War on Drugs “Touch of Grey”
2. Phosphorescent, Jenny Lewis & Friends “Sugaree”
3. Jim James & Friends “Candyman”
4. The Lone Bellow & Friends “Dire Wolf”
5. Courtney Barnett “New Speedway Boogie”
6. Mumford & Sons “Friend of the Devil”
7. Bruce Hornsby and DeYarmond Edison “Black Muddy River”
8. The National “Morning Dew”
9. Anohni and yMusic “Black Peter”
10. Ed Droste, Binki Shapiro & Friends “Loser”
11. Perfume Genius, Sharon Van Etten & Friends “To Lay Me Down”

DISC 2
1. Kurt Vile and the Violators (featuring J Mascis) “Box of Rain”
2. Bonnie ‘Prince’ Billy & Friends “Rubin and Cherise”
3. The Lone Bellow & Friends “Me and My Uncle”
4. Moses Sumney, Jenny Lewis & Friends “Cassidy”
5. Lucius “Uncle John’s Band”
6. Lee Ranaldo, Lisa Hannigan & Friends “Mountains of the Moon”
7. Cass McCombs, Joe Russo & Friends “Dark Star”
8. Nightfall of Diamonds “Nightfall of Diamonds”
9. Tim Hecker “Transitive Refraction Axis for John Oswald”
10. Tunde Adebimpe, Lee Ranaldo & Friends “Playing in the Band”
11. Richard Reed Parry with Caroline Shaw and Little Scream (featuring Garth Hudson) “Brokedown Palace”

DISC 3
1. The National “Peggy-O”
2. Bryce Dessner “Garcia Counterpoint”
3. Daniel Rossen, Christopher Bear and The National(featuring Josh Kaufman, Conrad Doucette, So Percussion and Brooklyn Youth Chorus) “Terrapin Station (Suite)”
4. Orchestra Baobab “Clementine Jam”
5. Stephen Malkmus and the Jicks “China Cat Sunflower -> I Know You Rider”
6. This Is the Kit “Jack-A-Roe”
7. Bill Callahan “Easy Wind”
8. Ira Kaplan & Friends “Wharf Rat”
9. Lucinda Williams & Friends “Going Down The Road Feelin' Bad”
10. Sam Amidon “And We Bid You Goodnight”

DISC 4
1. The Walkmen “Ripple”
2. Marijuana Deathsquads “Truckin’”
3. The Flaming Lips “Dark Star”
4. Local Natives “Stella Blue”
5. Unknown Mortal Orchestra “Shakedown Street”
6. Orchestra Baobab “Franklin’s Tower”
7. Tal National “Eyes of the World”
8. Bela Fleck “Help on the Way”
9. The Rileys “Estimated Prophet”
10. s t a r g a z e “What’s Become of the Baby”
11. Vijay Iyer “King Solomon’s Marbles”
12. Bonnie ‘Prince’ Billy “If I Had the World to Give”

DISC 5
1. Phosphorescent & Friends “Standing on the Moon”
2. The Tallest Man on Earth & Friends “Ship of Fools”
3. Bonnie ‘Prince’ Billy & Friends “Bird Song”
4. Hiss Golden Messenger “Brown-Eyed Women”
5. Real Estate “Here Comes Sunshine”
6. Charles Bradley and Menahan Street Band “Cumberland Blues”
7. Man Forever, So Percussion and Oneida “Drums -> Space”
8. Fucked Up “Cream Puff War”
9. Mina Tindle & Friends “Rosemary”
10. Daniel Rossen and Christopher Bear “High Time”
11. Luluc with Xylouris White “Till the Morning Comes”
12. Winston Marshall, Kodiak Blue and Shura “Althea”
13. Angel Olsen “Attics of My Life”
14. Wilco with Bob Weir “St. Stephen (live)”
15. The National with Bob Weir “I Know You Rider (live)”

※iTunes配信リンク:
https://itunes.apple.com/jp/album/day-of-the-dead/id1092076949?app=itunes&ls=1&at=11lwRX

RO69(アールオーロック)

最終更新:5月11日(水)12時34分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。